オラオラどちくしょう

はにゅーん

Author:はにゅーん
リンクフリー





月別アーカイブ

----------------

2013/05/09 (Thu) 超訳翻案聖書 - 民数記4

イスラエルはモアブの付近に滞在していたが、その時一部の民はモアブの娘たちとやりまくっていた
パコりまくっていた
女たちはイスラエルの民をたぶらかし、モアブの神に身をかがめるものまで出てくる始末であった
このモアブの神とはケモシュ
ケモシュとはバアル・ペオル神であるとのことで、バアル・ペオル神と言えばすなわち悪魔ベルフェゴールだ
便座に腰掛けた例の悪魔さんだ
要するに日本語に直すとトイレの神様となる
いや、ならないかもしれんがまあいい

とにかく当然の帰結として神がブチ切れ、バアル崇拝してるやつら全員殺せとの司令が下る
そこへ馬鹿が一人、ミディアンの女を引き連れてやってくる
アロンの子であるピネハスという男が、槍を手に取り二人の局部を貫き通して殺した
それを見て満足気に頷いた神は
「ほな、行こか?」
といって出撃した

いとも簡単に24,000人が殺された
【愚痴り手】イスラエルとか言う愚民【死んでみた】コントは一体いつまで続くのか

このモアブの女たちは、バラムがそそのかしたものであるらしい
神に脅されてもめげない策士バラム
結果はともあれその根性は教訓としたい

後に神はピネハスにイイネ・と言われた
ところで後世大活躍するダビデ選手は、モアブの血を引いているが、原理主義者はそこのところには目をつぶっている
大人の事情というやつである



さて、40年ぶりの国勢調査である
結果は601,730人、あんだけ殺されまくっても微減であるあたりイスラエルはたくましい
が、特筆すべきは40年前から生き残っているのはたったの二人であること
すなわちヨシュアとカレブ
この二人だけであった

イスラエルはまさにカナンの眼と鼻の先にいた
それはもうウッキウキで、占領後の土地分配計画とかを始める

これから滅ぼされるカナン人の経歴をもう一度確認してみよう
・カナン人の始祖カナン君。ノアの息子、ハムの子として生まれる
・ノア、ある日酔いつぶれて全裸で寝てしまう
・ハム、うっかりその股間見てしまう
・ノア逆切れ「カナンは呪われよ。自分の兄弟たちに対する最も卑しい奴隷となれ(原文ママ)」

カナン人どころかカナンですら何も悪いことはしていない
ハムだって別に悪意があったわけじゃなく、突き詰めれば酔ったノアが悪い
この辺りの理不尽さを探りだすともうキリがない

あ、モアブ?もうすぐ滅ぶよ(諦め)
関連記事

(完)民数記 | comment(0) |


<<超訳翻案聖書 - 民数記5 | TOP | 超訳翻案聖書 - 民数記3>>

comment











管理人のみ閲覧OK


| TOP |

ブログ内検索

Loading

最新記事

最新コメント

種別

aaaaaaaaaaaaaaa

CPU:Intel Corei7 8700k
CPU FAN:Hyper 212 EVO - Cooler Master
GPU:DUAL-GTX1070-O8G
MEM:Crucial W4U2666CM-8G*2
SSD:960 EVO M.2 MZ-V6E250B/IT
M/B:TUF Z370-PLUS GAMING
Case:CoolerMaster CM690III
PS:Platimax EPM750AWT
OS:Windows10 Professional 64bit