オラオラどちくしょう

はにゅーん

Author:はにゅーん
リンクフリー





月別アーカイブ

----------------

2013/05/08 (Wed) 超訳翻案聖書 - 出エジプト記5

モーゼとアロンは頑張った
足繁くファラオの元へ通い、杖を蛇にしてみせたり杖を蛇にしてみせたり杖を蛇にしてみせたりしてみせた
ていうかあんまりネタがなかった

ファラオが鼻で笑ってお抱えの魔術師を呼び、同じ事をせよと命じた
魔術師達は杖を投げ、その杖もまた、蛇となった
なるのかよ!
神特有の奇跡じゃねえのかよ!
エジプトさんサイドの神、太陽神ラーさんやるじゃん!

ヘビたちは戦い始めた

アロン蛇 ◯(0:25 丸呑み)×魔術師蛇

決着はついたが、ファラオは「と、とにかく蛇出すとか誰にでもできるから帰れ!」と言った
エジプト文明恐るべし

それを千里眼的なもので見ていた神がついに立ち上がった
「ファラオめ!やつは我が民の解放を拒んだ!ええい見ておれ!(棒」

こうして、神による壮大な自作自演にハメられたファラオとその民の災難が始まる



・第一の災厄
 世界最古の文明を育て上げたナイル川の水が全て血に変わった
 エジプトは異臭につつまれた

ところがエジプトの魔術師たちも同じ事をしてみせる
「この程度!神、恐れるに足らず!」
ファラオはなんで俺こんな意地張ってんだろ、と考えたがすぐに考えることをやめた

ナイルの水が血に変わり七日が経った
再びモーゼを使い、ファラオの意思を確かめるが、ファラオは解放を拒み続ける
ていうか拒み続けさせられる

・第二の災厄
 エジプト全土でカエルフィーバー

全土がカエルに覆われた
これはなかなか精神的にくる
が、またしてもエジプトマジシャンズが同じ魔術を披露し、ファラオは諦めない
諦められない

・第三の災厄
 カエルに続きブユフェスティバル

痒いとかいう騒ぎじゃない
人にも動物にもブユがたかりまくりの阿鼻叫喚である
エジプトの魔術師も、これは再現叶わず
ここでモーゼが攻勢に出る!
「見たか!お前らにはできない!これこそ神の指!」
ブユ専の神とは一体なんなのか

が、ファラオは諦めない
災厄は続く

・第四の災厄
 あぶ大繁殖

・第五の災厄
 畜類狙い撃ち流行病

・第六の災厄
 全身水ぶくれ

もはや満身創痍のエジプト国民であったが、ファラオは諦めない
神の傀儡と化しているからである

神はモーゼを使い、ファラオとその民に向け言った
「実際には殺すこともできた!でも生かしてある!どや?」と
実情を知るモーゼはぐうの音もでなかったが黙っていた

ファラオはまだ首を縦に振らない
振れない

・第七の災厄
 雹

「神は雷と雹を送り、火が地に走り下るのであった
そして神はエジプトの地に雹を降らせ続けられた
その雹の中で火がきらめいていた
雹はエジプトの全土を、人、獣、草木、樹木を打ち砕いた」

なんともはや清々しいまでの奇跡(物理)である
氷属性たる雹に火を加え、エターナルフォースブリザードを顕現させるあたりやはり神
エジプト国民は死ぬ

しかしファラオ、まだYESと言わせてもらえない
血の涙を流しながらNOを突きつける

・第八の災厄
 いなご

天を覆い明るさがなくなるほどにいなごが群れてやってきて、全てを食い尽くした
緑のものはなにも残らなかった

だがファラオは…ファラオは…もういい!ファラオ!休め!

・第九の災厄
 闇

ただの暗闇だが、エジプトの神は太陽神
しかもエジプトは三日三晩真っ暗で、イスラエルの宿地部分だけは煌々と明るいのである
つまりそういうことだ
今風に言えば、死体蹴りというやつである
関連記事

(完)出エジプト記 | comment(0) |


<<超訳翻案聖書 - 出エジプト記6 | TOP | 超訳翻案聖書 - 出エジプト記4>>

comment











管理人のみ閲覧OK


| TOP |

ブログ内検索

Loading

最新記事

最新コメント

種別

aaaaaaaaaaaaaaa

CPU:Intel Corei7 8700k
CPU FAN:Hyper 212 EVO - Cooler Master
GPU:DUAL-GTX1070-O8G
MEM:Crucial W4U2666CM-8G*2
SSD:960 EVO M.2 MZ-V6E250B/IT
M/B:TUF Z370-PLUS GAMING
Case:CoolerMaster CM690III
PS:Platimax EPM750AWT
OS:Windows10 Professional 64bit