オラオラどちくしょう

はにゅーん

Author:はにゅーん
リンクフリー





月別アーカイブ

----------------

2011/09/24 (Sat) タウン

君ら素人に一つだけ、まぁなんというか助言やな

ナーガとG13を一気に新調し「このキーを押したら何のスキルが出るかわからない」という状態でドレドに行くのはやめたほうがいい
これはセンスのかたまりである全身センス、股間からセンス、肛門からセンスなはにゅーんであるから許される行為であって、素人がやると確実に地雷

@一撃で死ぬ敵を前にドーントレススピリット
@一撃で死にそうな時にMPリカバリー
起こりうるこれらの事態を背負っての戦いは実に有意義なものであった
転倒した時など、あたかも最高潮に達したピアニストのごとく全てのキーを叩きまぐれリムショ発動にかける、その姿は神々しささえ感じさせていた
神々しいデブというのは中々に恐ろしいものだが実際すごいのだからしょうがない

さらに実に半年振りとなるファイトモード+@スチグマつけかえ
習うより慣れろ
慣れなければ慣れているふりをしろ
そういう事だ

正直Z武さん以上のハンデを背負っていたのだが、途中まで何故かkillTOPを維持するあたりやはり持っている
一回の戦闘で、天が一人当たり20回×6=120回ののスキルを使用していたとしたら、魔は確実に105回以下
前進制御さえままならずあさっての方向に走って行くグーが観測されている

最終的にはTOPと5kill差、1タゲもらってたシャドウと同数killまで引き離されるも、常に最後まで生き残り相手の足止めに貢献していたのは間違いない
まったくもって脅威ではないので放置されていたわけではない
ノヴァを打つ前になんであいつ毎回棒立ちになってるん?と思われてたりはしない
こいつリムショずっとCTやな?などとは思われていない
あさっての方向行きながらウイングブレードうっとるぞ・・・いや前進補正ははいってるけど・・・なんて気づかれていない
あれ?サバスタなんで使わんのかな?などと勘ぐられていたりはしない

最後に
このような覚醒したはにゅーんウイングという致命的なリスクを背負いながらも勝利を手にした君たち5人は胸を張って良い
君たちは強い
来年の甲子園に向けての戦いはもう始まっている
この調子で頑張ってほしい



ブーストウイングが出るまで8秒かかりましたー
足止め終わってましたー
つれーwwwwwwwwww

辛い。
関連記事

(完)2.5 光のさす場所へ | comment(0) |


<<エロゲー | TOP | 珍味>>

comment











管理人のみ閲覧OK


| TOP |

ブログ内検索

Loading

最新記事

最新コメント

種別

aaaaaaaaaaaaaaa

CPU:Intel Corei7 8700k
CPU FAN:Hyper 212 EVO - Cooler Master
GPU:DUAL-GTX1070-O8G
MEM:Crucial W4U2666CM-8G*2
SSD:960 EVO M.2 MZ-V6E250B/IT
M/B:TUF Z370-PLUS GAMING
Case:CoolerMaster CM690III
PS:Platimax EPM750AWT
OS:Windows10 Professional 64bit