機動戦士ガンダムNT感想

ポコラ

-
超ネタバレ注意
まずは全体的な採点から。

「まぁうんいいんでない?点 / 10点満点」



◆主な登場人物紹介

ヨナ=平凡の凡。二流。
ミシェル=金持ち系の偉い人。どっかでみたキャラの偽物。
ゾルタン=こんなにも魅力がないボスキャラが今までいただろうか。シャアの失敗作。
ユニコーンガンダム3号機フェネクス=宇宙空間を補給無しかつ光速で駆け抜け続けてなんか喋るすごいやつ。スーパー系だと思う。

◆主な登場MS

ナラティブガンダム=実はNT-Dできるし有線インコムもファンネルになる。
IIネオジオング=うっかりガンダムと合体してしまう。
シナンジュシュタイン=ジオングと合体しようとしたら無視された雑魚。
ジェスタとかジェガンとかギラズールとか=やられ役。
ユニコーンガンダム=縛られてる。動かない。
シルヴァ・バレト=バナージが乗ってる。



内容

コロニー落としを予言した3人組の子供、ヨナ・ミシェル・リタだが、実は本物のニュータイプはリタだけ。
戦後ティターンズの強化人間養成施設に収容され、なんだかんだあった後
ミシェルが将来を見据えてルオ商会に自分が本物だと嘘を付き養子に迎え入れられる。
ミシェルは力を手に入れて残る二人を助けるつもりだったが
リタは本物であることがばれて散々肉体をいじられまくった後フェネクスガンダムに乗せられる。
暴走し肉体喪失、意識のみがガンダムに乗り移り、見事「俺がガンダムだ」を体現する。
ヨナはその後連邦軍に入隊し、ミシェルに拾われるが確執が残る。

地球圏最速を目指すフェネクスがブイブイ言わせている現在。
ジオンと連邦がフェネクスをなんとか捕獲しようとするがあいつ早すぎて無理ゲー。
うっかりガンダムNTとシナンジュが鉢合わせてコロニー内で戦闘開始。
ジオングを出せと言われてまさかの重力圏内にジオングを送り込む無能ジオン軍。
流石にテンパったジオングちゃんがガンダムと合体するという珍プレーをかまし
これにはフェネクスも苦笑い。

ジオングを取られてシャアの失敗作扱いされてキレたゾなんとかがなんかいっぱい爆発させようとして危ないので
フェネクスとNTが協力して倒しました。
途中でミシェルは死にました。

もうだめだー俺も死ぬーとなっていたヨナくんのところにバナージパイセンが登場。
「SOREDEMO!」の一言で何故か元気になりハッピーエンドで完。



作中「二流と失敗作」という自虐風フレーズが出てくるが、風でもなんでもなくまさにそうだった。
福井版ORIGINであるところのUCを軸にしたぼくのかんがえたさいこうのぜーたがんだむ。
女は死んで幽霊になって飛んでくるし前作主人公もいるよみたいな感じ。
ボス機は何故か動かん。
オカルトの極み、もはや「機動戦士ガンダムオカルト」と言ってもいい感じであり
かつサイコフレームやニュータイプのあれやこれやあえて言語化してこなかった部分を
「えっとねーwこれはねーwこうなのーw」とドヤってしまった。

しかし作中でも「今の人間には過ぎた技術を封印する」という流れがあるように
あくまでも本作はNEXTUC100というプロジェクトの「途中」であることから
このサイコフレーム極まったインフレ状態をいかにしてF91以降につなげていくのかを心待ちにしたい。
その部分を呑み込んでしまえればなんかもう5週半くらい回って「まぁうんいいんでない?」となるのだ。
関連記事
Posted byポコラ