オラオラどちくしょう

はにゅーん

Author:はにゅーん
リンクフリー





月別アーカイブ

----------------

2016/07/08 (Fri) 960円球団のS6 RankS ペナント優勝

20160708003.png
VVVVVVVややややっやねえねねいん!!

Q.すごいなウドゥンズ、どうやったんだ?
A.いや、普通のことをやったまでです

サイン選手ゼロ、リバイバル選手ゼロで成し遂げたぜ
なお相手リーグを80勝差でボコボコにするそれなりに強いリーグだったと思うが
1500点とか取ってるリーグもあるので上には上がいる

「できるだけ多く点を取って、できるだけ点を取られないようにする」
という当たり前の算数を徹底した結果、個人タイトルにはあまり縁が無かったがチームは優勝した

最終的にチーム防御率1位のうちと、2位のチームで約1点の差がついた
防御率に1点の差があるということは、失点に換算すると130点以上差がある

現状の飽和した打線同士だと、その差分を補うだけの打点をあげる「打ち勝つ」野球をすることは不可能と思われる
前提として、多くのプレイヤーに行き渡っているSPカードを軸とした超ガトリング打線で相手が挑んでくる以上、
こちらも当然同程度の野手陣を並べる必要がある
そこに加えて先発をコスト8.9.10で埋めてしまうと、当然中継ぎと抑えが死ぬ
しかしその先発陣も工藤以外は相手打線に耐えられず、結局中継ぎと抑えの出番が出てくる
じゃあどうせ打たれる工藤以外の先発を出来る限りコスト下げて、
中継ぎ充実させたほうがいいでしょっていう理論でシーズンを戦ってきた。

幸い優勝出来たわけだが、リバイバル松坂とかいう怪物は工藤並だった
なのであのレベルのサイン・RS先発が出回りだしたらもう無理だろう
実際に相手チームの強化は週後半にかけて上昇し、優勝決定後には3タテも食らったりした
多分CTCSは無理、この優勝は綺麗な思い出として取っておくことにしよう

以下成績



20160708001.png

ウチにスーパーヒーローはいません
全員がヒーローです

いやまあ大概な成績だとは思うけど、野手個人タイトルは盗塁王のみ。
ていうかチーム能力重視したからってタイトルが取れない理由にはならないんだけど、
何故かはわからない

監督指示は一発+1盗塁+1バント代打消極ミニマム

石井→いつもどおり
井端→平野の完全上位互換
小笠原→北のサムライ
山田→ド安定
ビシエド→ニューカマー連打によるカブりと能力アップによりご自慢の完全解凍を達成
柳田→シーズンを通して6番固定となった。そこらの下位適正よりは良いと思う
中村→下位適正Sとホークス相性で、下位適性Bの柳田の繋がりを底上げ。自身も立派な成績を残す
今成→能力相応の活躍
ジョニー→ホークス属性の新捕手。主に工藤と武田翔の不調介護

平野→放出
駿太→今成の下位互換
小谷野→今成の上位互換なんだが週4日不調で交流戦しか出番がなかった
マイク→阪神の投手がいなくなったのでお役御免

チーム野手MVP→中村
下位打線の打率を.300以上死守させた立役者
自身の適性と打順により打線の繋がりを向上させた



20160708002.png

どう見ても大炎上ですほんあり
大体現実だと防御率-1.00くらいで見てもいいとおもう
これで防御率ダントツの一位、リーグ唯一の4点台なんだからどんだけ打高投低だよっていう
監督指示は継投+1

岩貞→背信の男。前シーズンは確変だったらしい。ていうか現実とリンクしてね?
武田勝→及第点でシーズンを終えた。コスト4でこの成績は十二分に立派
武田翔→十二分とは言いがたいが、コスト相応の働きは見せた
工藤→さすがの一言。この腐敗した世界に産み落とされたゴッドチャイルド
岩本→普通。多少勝ち運が無い部分もあった
小熊→こんだけボロボロの成績にも関わらず勝ち運◯持ちらしく大量援護で勝利を上げ続けた
石田→非常に優秀な成績。年俸倍増は確実
メッセンジャー→一日だけ緊急登板、即鳴尾浜へ
石川→同上
黒田→後半のコスト上昇と他先発の不調により最終2日緊急登板。及第点ではあるが突発的なB登板はもう嫌じゃ
福井→調子がずっと悪く登板期間は最終日のみだが見事に炎上。来季に不安を残す結果となった
今永→こちらは来季を見据え最終日にデビュー。期待の持てる結果に

祖父江・小松→ダメ
国吉→病弱すぎて出番無し
須田→ウドゥンズ中継ぎ三本柱の一人。規定投球回に到達する大車輪の活躍
長田→ウドゥンズ中継ぎ三本柱の一人。
    先発の勝利をもぎ取る盗人も多かったが、チームの逆転を待つ粘り強い投球で中継ぎでは異例の二桁勝利を上げた
高宮→ウドゥンズ中継ぎ三本柱の一人。ダメダメなのになぜか三本柱気取り。癒着的なものが疑われる

森福→ダメ
福山→事前の評価は低かったものの、結果的に最も優秀なセットアッパーだった
鍵谷・谷元→投球回が少なめではあるものの、成績はまずまず。ていうか大体須田と長田で終わる

マテオ→ダメ
平野→キツい
増井→アカん

チーム投手MVP
須田&長田
この二人のおかげで優勝出来たと言って良い
圧倒的なハイメとの差を魅せつけてくれた

ベイスターズの石田・須田・長田が予想以上の活躍
ていうかベイスターズすげえ投手揃ってると今更気づいたので、来季はベイスターズ属性の捕手を作る
これは現実でも熾烈な一位争いしてるんやろなあ…
関連記事

野球つく!! | comment(0) |


<<960円球団のS7 RankS 交流戦結果 | TOP | 960円球団のS6 RankS 交流戦結果>>

comment











管理人のみ閲覧OK


| TOP |

ブログ内検索

Loading

最新記事

最新コメント

種別

aaaaaaaaaaaaaaa

CPU:Intel Corei7 8700k
CPU FAN:Hyper 212 EVO - Cooler Master
GPU:DUAL-GTX1070-O8G
MEM:Crucial W4U2666CM-8G*2
SSD:960 EVO M.2 MZ-V6E250B/IT
M/B:TUF Z370-PLUS GAMING
Case:CoolerMaster CM690III
PS:Platimax EPM750AWT
OS:Windows10 Professional 64bit