オラオラどちくしょう

はにゅーん

Author:はにゅーん
リンクフリー





月別アーカイブ

----------------

--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2013/05/09 (Thu) 超訳翻案聖書 - 民数記5

モーゼにはカナン入場の資格がない
なので、ヨシュアを次世代の指導者として指名した

同時に40年ぶりの第二回ゴッドライブフェスティバルが始まった
今度もやはりパンと肉についてである
パンは小麦の分量まで、肉は頭数性別部位に至るまで細かに指定し延々と語り続けた



さてモアブ、ミディアンである
ちゃんと止めさしましょうね~

12,000人がイスラエル軍として立った
先陣を切るのはピネハス
ラッパをぶかぶか吹きならしながら突き進む
彼らはミディアンの男をすべて殺していった
王はもちろん、バラムも殺された

男たちを殺したあと、女、子ども、家畜、その他すべての資産を強奪し、全ての都市を焼き払った
おお、なんというジャスティス
なんの問題もない

それらを携えて戻った彼らを待っていたのは、モーゼの容赦無い一言であった
「なんで女生かしてんだよ!処女以外殺せよ!」
清々しいまでの処女厨である
彼らはそのとおりにし、処女32,000人が生き延びた
もう色々おかしいがこれがジャスティスであって大正義

なおこの戦いにおけるイスラエル軍の被害は、ゼロであった
散々殺して残った捕虜だけでも32000人いる数の敵を相手に被害ゼロ
あたまおかしい



延々と神は語る
まだ入場してもいないカナンの地の分配や注意事項を延々と語る
法を語り、掟を語り、ついにヨルダン川横断のシグナルが赤から青へ…!
変わる前に、モーゼ、最期の演説が始まる



民数記
紀元前1512年~紀元前1473年の出来事

筆者:モーゼ 荒野及びモアブの平原にて
推定完成年:紀元前1473年

スポンサーサイト

(完)民数記 | comment(0) |


2013/05/09 (Thu) 超訳翻案聖書 - 民数記4

イスラエルはモアブの付近に滞在していたが、その時一部の民はモアブの娘たちとやりまくっていた
パコりまくっていた
女たちはイスラエルの民をたぶらかし、モアブの神に身をかがめるものまで出てくる始末であった
このモアブの神とはケモシュ
ケモシュとはバアル・ペオル神であるとのことで、バアル・ペオル神と言えばすなわち悪魔ベルフェゴールだ
便座に腰掛けた例の悪魔さんだ
要するに日本語に直すとトイレの神様となる
いや、ならないかもしれんがまあいい

とにかく当然の帰結として神がブチ切れ、バアル崇拝してるやつら全員殺せとの司令が下る
そこへ馬鹿が一人、ミディアンの女を引き連れてやってくる
アロンの子であるピネハスという男が、槍を手に取り二人の局部を貫き通して殺した
それを見て満足気に頷いた神は
「ほな、行こか?」
といって出撃した

いとも簡単に24,000人が殺された
【愚痴り手】イスラエルとか言う愚民【死んでみた】コントは一体いつまで続くのか

このモアブの女たちは、バラムがそそのかしたものであるらしい
神に脅されてもめげない策士バラム
結果はともあれその根性は教訓としたい

後に神はピネハスにイイネ・と言われた
ところで後世大活躍するダビデ選手は、モアブの血を引いているが、原理主義者はそこのところには目をつぶっている
大人の事情というやつである



さて、40年ぶりの国勢調査である
結果は601,730人、あんだけ殺されまくっても微減であるあたりイスラエルはたくましい
が、特筆すべきは40年前から生き残っているのはたったの二人であること
すなわちヨシュアとカレブ
この二人だけであった

イスラエルはまさにカナンの眼と鼻の先にいた
それはもうウッキウキで、占領後の土地分配計画とかを始める

これから滅ぼされるカナン人の経歴をもう一度確認してみよう
・カナン人の始祖カナン君。ノアの息子、ハムの子として生まれる
・ノア、ある日酔いつぶれて全裸で寝てしまう
・ハム、うっかりその股間見てしまう
・ノア逆切れ「カナンは呪われよ。自分の兄弟たちに対する最も卑しい奴隷となれ(原文ママ)」

カナン人どころかカナンですら何も悪いことはしていない
ハムだって別に悪意があったわけじゃなく、突き詰めれば酔ったノアが悪い
この辺りの理不尽さを探りだすともうキリがない

あ、モアブ?もうすぐ滅ぶよ(諦め)

(完)民数記 | comment(0) |


2013/05/09 (Thu) 超訳翻案聖書 - 民数記3

ここまでのあらすじ
・死刑という刑罰に続き、懲役40年という刑罰が実装されました



40年の時が経ち、イスラエルの民は老いた
モーゼとアロンの姉であるミリアムが死に、アロンもまた息絶えた
モーゼはまだ生きていた

彷徨うイスラエルはエドムという地の通行許可をその地の王に願うが、それは叶わなかった
しょうがないので、紅海側を通りその地を迂回する
そこでまたしてもイスラエルの民が愚痴をこぼしだす(40年ぶり数十回目)
神は毒蛇を民の群れに送り、次々に殺した
「懲役ではやはりすっきりしなかった」とは神の談

やがて彼らはシホンと呼ばれる地にたどり着いた
そこに済むアモリ人の王に通行許可を願うが、やはりそれは叶わない
ていうかイスラエルうぜーとシホン軍が出てきた
そして戦争になった

だがもう40年目
神の祝福大復活の記念すべき年である
イスラエルは勝ち進み、シホン軍を駆逐、その都市を全て奪った
こうしてイスラエルはアモリ人の地に済むようになった

祝福を得たイスラエルの進軍は止まらない
転じてバシャンの地へと向かう
イスラエルはその地のすべての民を撃った
生存者はゼロである
イスラエルはその土地も手中に収めた



イスラエルの魔の手がヨルダンを渡りモアブへと及ぶ
モアブの王はバラク
バラクはミディアンの民である
ミディアンの民はミディアンの末裔であって、ミディアンはアブラハムの4男なのだが、残念ながらバラクに祝福はない
モーゼの嫁もミディアン人であって色々縁はあるはずなのだが、所詮は脇役、噛ませ犬には容赦無いのが神である

迫るイスラエルに怯え、マラクはバラムという占い師を雇う
イスラエルを呪ってもらおうとしたのだ

そのバラムの元へ神が現れる
「おん?おめーバラクになに頼まれたんや?おん?」
こう言って脅したため、バラムはイスラエルを呪うのはやめようと思った
が、しつこいバラクに根負けして出かけると、天使が進行妨害するわ、乗ってたロバが人間の言葉で文句言い出すわああもうめちゃくちゃだよと思ってバラムは本当に諦めた

が、今度は天使が「行け」と言う
言って呪うふりをしてむしろ祝福してまえというのだ
バラムはこの通りにし、バラクは怒り狂った
いつの時代も情報戦(物理)が戦を決定づけるという教訓だろう

(完)民数記 | comment(0) |


2013/05/09 (Thu) 超訳翻案聖書 - 民数記2

前回のあらすじ
・大量虐殺



当然神はまたキレたが、モーゼの殺しすぎ勘弁土下座によって気を取り直す
神は何かを思いついたように、悪い顔をして言った
「じゃけん20歳以上は約束の地入場禁止にしましょうね~お前ら世代が絶滅するまで荒野彷徨おう(決定)」
これまでの流浪と希望を一言で無駄にしたのだ
これは殺すより効果的
「荒野へGOGOwwww」
神は引き返すことを命じた
すなわち、あと40年彷徨えと言ったのだ
やっぱ神ってすげーは

これを聞いたイスラエルの民は嘆き悲しんだ
発狂した奴らがカナンの地へ飛び込んでいったが、カナン人の逆襲にあい全滅した



さて、コラ・ダタン・アビラムという三人が反乱を起こした
神は全ての人の上にあるはずだ、モーゼ威張ってるんちゃうんかお前、と
その数は250人にのぼり、彼らはモーゼを取り囲んだ
色々あったが、250人は焼き殺された
残念でもないし当然

だが力による圧制はさらなる軋轢を生む
今や不満は広がり、イスラエルの全集会が、モーゼとアロンに向かってつぶやき始めていた
結果のみ言うと、14,700人が神罰で殺された
神罰無双、絶賛発売中



カナンに進軍できなくなったイスラエルは、周辺をうろうろしていた
水が底をつき、愚民どもがまーたエジプトガーエジプトガーと騒ぎ出した
モーゼもいい加減頭にきていたが、神にお伺いをたて奇跡を使う許可を得た
「このボケども!この岩から俺がお前らのために水だしゃええんやろ!そぉい!」
「ちょっとすとーーーーーーっぷwwwwwwwwwwwwww」
そこに飛び込んできたのは我らが神
「俺が?wwww俺がつった?wwwwwお前じゃねーだろ、俺こと神の奇跡だろwwww」
そう、モーゼ君やってしまったのだ
デデーン、モーゼ、あうとー
彼もまた、約束の地への入場権を奪われてしまったのだ
ワンミスもゆるさない、絶対にだ
ていうかモーゼはそもそも前科一般なのでしょうがないね

色々あって、40年の月日が流れた

次回、大量虐殺!
もうこの愚民の群れは絶滅した方が良いんじゃないかな…

(完)民数記 | comment(0) |


2013/05/09 (Thu) 超訳翻案聖書 - 民数記1

ようやくイスラエルが前進を開始する…かと思ったらこいつら人口調査はじめやがった
俺としては正直さっさと新約にうつって、使徒だの裏切りのイスカリオテだの厨二病くっさいところまで行きたいんだがこいつらが前に進まないと話も進まない

結論から言うと、戦える成人男性が603,550人いた
これには武闘派の神もにっこり
なおレビ軍は遊軍として、この数には含まれなかった
レビ軍は8,580人であった

延々と数字が並ぶ
誰がなにをいくら神に捧げたとか、これは大人気作家モーゼに対して無能編集ですわ
いくら人気作家とは言えこのような横暴を許してはならない



が、ついに彼らが動く
前進を再開したのだ
だが三歩もあるかないうちにやれ水だのパンだのエジプトガーだの愚痴をこぼしはじめる
こいつらどげんかせんといけん
神はあっさり数十人焼き殺して見せる
やっぱ神って神だわ

だがそこはやはり神
再び肉を与える
そう、うずらだ
自分は牛に塩とか言っといて民にはうずらだ

それでも彼らは嬉しかったのだろう、一目散にうずらに飛びつき、食べ始める
その肉がかれらの歯のあいだにあって噛まれていないうちに、神の大量殺戮が始まった
「なんかガッツイててむかついた」とは神の談
や神神

その地はキプロト・ハタアワ(貪欲の墓)と呼ばれるようになる
メガテンの魔石になったりもする



少量虐殺や大量虐殺などのイベントを順調にこなしながら、イスラエルの民はバランの荒野へたどり着いた
そこから約束のカナンへはもうあと少しである

モーゼは12人の斥候を組織し、カナンへと送り込んだ
40日後戻ってきた斥候は、興奮しながら
「っべー!まじやっべー!蜜と乳流れてたwwwwwwww」
などとまくし立てた
と、同時に
「でも住人めっちゃマッチョでやべかったwwww」
とも言った

これを聞いたイスラエルの民は、絶望に覆われた
そしてまたもやエジプトガーエジプトガーと騒ぎ出した
この愚民にあの神は調度良いのかもしれない

次回、大量虐殺!

(完)民数記 | comment(0) |


2013/05/09 (Thu) 超訳翻案聖書 - レビ記1

『それいけエジプト大脱出~神様が見てる~』から物語は進まない
もうしばらく進まない
このレビ記というのも、基本的には祭事の行い方などを延々と記した章
ゴッドオンステージ長すぎんよ
もちろんダイジェストでお送りする



・俺は牛肉が好き
・オス牛しか食べない
・hitsujiとかヤギでもいい、鳥も可
・やっぱりオスがいい
・殺したてピチピチのやつを部位ごとに分けて焼いてくれ
・レア嫌いなのでウェルダンで、血は地に流せ(審議中)
・味付けは塩、素材を活かす塩

オヤジギャグを混ぜながらの焼肉奉行っぷりを見せる塩厨
大体こんな感じだ
あとは『これこれこういうミスした時はこれで許すよ~』と言った免罪符~ver肉~
大体牛肉か鶏肉で許される感じ

なお捧げる手順を間違えたアロンの息子二人は神に焼き殺された
いつものことである

好物を挙げたあとは嫌いなものの列挙だ

・らくだ
・たぬき
・うさぎ
・ヒレと鱗のない魚類
・猛禽類
・白鳥
・ペリカン
・もぐら
・とかげ
・やもり
・カメレオン

やはりどうも肉の好みの話らしい

他にも出産した女は臭いから寄るなだの、生理の女は臭いから寄るなだのそういうことをいっていた
産婦人科医としての過去をすっかり忘れているらしい
神特有のてへぺろ(回数不明)である



さて、神はアロンにちょっとキレていた
プチギレである
そこでアロンは色々とややこしい手順の贖罪を行わなければならなくなった
それ自体は割とどうでもいいのだが、その手順の中の一つに悪魔アザゼルへの捧げ物というものがあった
神の気まぐれかなにかなのだろうが、現在では下級悪魔として芥辺某氏に飼われているアザゼルさんにも、輝いていた時代があったのだと知っておいていただきたい
なおこれがピークであって、以降は一切登場しない



ゴッドオンステージは続く

・妹エロ禁止
・姉エロ禁止
・叔母エロ禁止
・ホモは死刑
・獣姦も死刑
・もみあげカット禁止
・タトゥー禁止
・風俗禁止
・占い禁止
・身体障害者は俺に寄るな

大体言っていることは間違ってはいないのだが、さらりと最後に問題発言をかます神
そこにしびれないしあこがれない
また、途中神の名を冒涜した若者が石打で殺されているが特に誰も気にしない

とにかく延々と色々な決まり事をしゃべり続けるのが、このレビ記という章であって、これ以上の事件は何もないのでこれで終わりとする



レビ記
紀元前1512年のひと月の出来事

筆者:モーゼ 荒野にて
推定完成年:紀元前1512年

(完)レビ記 | comment(0) |


2013/05/09 (Thu) 超訳翻案聖書 - 出エジプト記8

ここからは延々とゴッドオンステージが続く
何を作れだの何をよこせだのさりげなくハンムラビ法典にも採用される法律の原型だの…とにかく長いのでダイジェストにてお送りする

・人殺しは死刑
・業務上過失致死なら逃げて良し
・誘拐犯は死刑
・喧嘩で相手傷めつけても死ななければSEFU
・ただし謝罪と賠償
・流産させたら謝罪と賠償
・目には目、歯には歯ry
・人殺した家畜は殺処分
・処女とやったら責任とって結婚しろ
・魔女は死刑
・獣姦は死刑
・高金利での貸金業禁止
・ワイロ禁止
・カナン人は滅ぼす

ちょっと良い感じのこと言ってたのにいきなり殲滅宣言出されるカナン人とは一体なんだったのか
とにかくこんな感じのことを神自ら石版に認めて、モーゼに渡した
その量の石版背負って山から降りるモーゼまじガチムチ



YHVHオンステージは40日40夜に渡って続いた
野外フェスもびっくりの長丁場である

あまりにモーゼが山から降りてこないので、イスラエルの民達は騒ぎ出した
「アロンさん!モーゼ死んでしまったんじゃ?不安だーああ不安だー欲しいわー神的なものがー」
神と自分たちをつなぐモーゼを失ったのではないかと不安に駆られた彼らは、目に見える神を、偶像を欲しだすのだ
あろうことかアロンもそれに答え、金を集め子牛の象を作ってしまう…

一方その頃シナイ山山頂――
「ありがとー!YHVHのライブもいよいよラスト一曲!聞いて下さい!『ファッキンカナン』!」
ミカエルの四弦が唸りを上げ、ガブリエルの六弦がそれに絡みつく
ビートを刻むラファエルのヘドバンが台風を巻き起こし…
が、突然に神が表情をこわばらせ
「ちょ、止めて。やめて。太鼓を止めて」
40日神ライブに付き合っていたモーゼはすでに意識朦朧であったが、ただならぬ事態に意識を鮮明にする

「モーゼ君?なんかこう偶像的なものの気配感じたんだけど?」
「え!」
「ゴッドアイ!…あ~作ってますね、これは完璧に。金の子牛ですわ」
「そんな…まさか」
「よし、モーゼ君!出陣だ!あいつら滅ぼそう!」
神特有の短気である
慌てるモーゼ君
アブラハムやイサクやイスラエルの名を出し、必死で懇願する
その説得が実り、ゴッドはちょっと言い過ぎたかとしょんぼりするのであった

慌てて山を駆け下りたモーゼは、愚民どもが金の子牛を崇めるのを見た
「なー!もー!なんばしよっとー!」
そう言って神の石版を全部投げ砕いた
あ、と思ったが時すでに遅し
神はますますしょんぼりした

モーゼの怒りはもはやとどまるところを知らない
金の子牛を取り、火で焼き、粉々になるまで砕き、その粉を水に混ぜて近くにいたイスラエルの民に飲ませた
後半は忘我のため自分でも何をやっているのかよく分かってないのではないか

アロンを呼び出し、問いただしたモーゼ
民を見渡してみれば、多くのものが乱痴気騒ぎ中であった
「子牛キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!神いらねー!!!」
的な騒ぎである

モーゼは言った
「レビー!レビーーー!!」
現れたのはレビ一族
全盛期のイスラエル軍4番、レビ選手、妹に手を出した男を町ごと焼き払ったレビ選手
その息子たちである
「殺してこい」
一言で十分であった
その日のうちに彼らは同胞三千人を斬り殺した
原理主義特有の大粛清である



モーゼは再び山に登っていった
ゴッドが八つ墓村的な装束に身を固め、いまにも出撃するところであったが、彼は必死にそれを押しとどめた
説得のかいあって、なんとか被害を最小限にとどめることに成功した
「でも君あの石版砕いちゃったよね…」
「あっ」
「書いて。ちゃんと書いて。もう一回同じようにモーゼが書いて」
モーゼは言われたとおり、石版に再び十戒を記した

神はにっこり微笑んで言った
「じゃ、中断したライブ、再開しよっか。最初から!」

ゴッドオンステージが再び幕を開けた



とにかく色々作らされた
ベザレルとアホリアブという有能なイスラエル人が技師として指名され、素材・サイズまで事細かに指定された様々なものを作って作って作り散らかした

最後に神降臨用の天幕を作り、全てのことは完遂された



出エジプト記
紀元前1657年~紀元前1512年の出来事

筆者:モーゼ 荒野にて
推定完成年:紀元前1512年

(完)出エジプト記 | comment(0) |


2013/05/09 (Thu) 超訳翻案聖書 - 出エジプト記7

エジプトの追撃を振り切ったものの、約束の地は遠く、イスラエルの民は荒野をさまよい続けた
ついに彼らは文句を言い出す
「正直エジプトで奴隷やってたほうが良かったっていうかー?はー…マジ肉食いてえわ…」
愚民、本領発揮である

モーゼは神にお伺いを立てた
機嫌が良かったのか、
「え、じゃあ毎日夕方にうずら大量発生させるから捕まえて食えよ。パンは朝その辺に撒いとくから」
その言葉通り、毎夕うずらが大量発生し、朝には生じた露が蒸発し白い霜の様なものが一面に満ちていた
なんぞこれ、とおそるおそるその白いものを口にしてみれば、蜜を入れた菓子の味がするではないか
どうみてもマナです。本当にありがとうございました。

さて、神は7日目を安息日と決めている
天地創造の際も7日目は全力で休んだ
現在の日曜日のハシりである

なので、7日目はマナを降らせなかったし、うずらも沸かせなかった
その代わり6日目に手に入れたマナが、翌日も腐らないように配慮していたのである
だが、一部の愚民が7日目もマナを探しに出かけてしまった
これには神も大激怒
「労基うっせーんだからまじ休めつってんだろ!!!」
株式会社神の家はホワイト企業です
ワンミスで殺されることもありますが、基本的にはホワイト企業です



今度は水が飲みたいと騒ぐ愚民どもにモーゼもブチ切れ寸前
「まじこいつらやってイッスカ、自分まじキレそなんっすけど」
とこめかみを引くつかせながらいうモーゼ
「ちょ、落ち着けよ。例の杖持っといで。ほら、ナイル川血にしたやつ」
その杖で岩を打つと水が出てきた
奇跡のバーゲンセールである

旅を続けていれば、敵も現れる
アマレク人が襲ってきた
このアマレク人、カナン人に負けず劣らずの不幸民族である
この時は追い払われただけで済んだが、後に「聖絶」と名付けられる大正義ゴッド神拳により、女子供に至るまで虐殺される運命にある
アーメン



イスラエルご一行はシナイ山の麓にやってきていた
モーゼに神が言われる
「ちょっと三日後山登ってこいや。あ、パーティーの準備してるからその間登ってきたらだめだからねww山に指一本でも触れたら殺すからww」

三日後、合図として指定されたラッパの音が聞こえてきた
天使採用試験では肺活量とか重要視されるらしい」

そして登っていったモーゼに神が告げる
「俺の名前はYHVH!俺ルール守れよお前ら!」

1.偶像作るの禁止
2.俺の名を無闇に言ってみるの禁止
3.7日目は休め、マジで
4.父と母を敬え
5.人殺し禁止
6.不倫禁止
7.万引き禁止
8.嘘禁止
9.おとなりの奥さんに欲情禁止
10.おとなりの財産欲しがるの禁止

俗に言う十戒だが、正直原文では8か9で収まっているのを無理やりキリのいい10にしている感が否めない
これらの禁止事項は基本的に脳内妄想するだけでAUTOなので、現代日本に当てはめるとほとんどのAV会社が焼き討ちにあうという恐ろしい事態になってしまうな

(完)出エジプト記 | comment(0) |


2013/05/08 (Wed) 超訳翻案聖書 - 出エジプト記6

「もういいんじゃないっすかね…」とモーゼが言ったかどうかは定かではないが、神は言った
「よっしゃwwだいぶエジプト弱ってきたなwwラーとかいうアホも懲りたやろwwんじゃ最後にもういっちょどーんといこかwww」
モーゼを呼びつけて言った
「エジプトともそろそろお別れやな~あ、エジプト民にちょいと催眠術かけといたから。金とか銀とか根こそぎもらっといで。言えばくれるよ」
神も神だがほいほい実行する聖人も聖人だ
400年の恨みとはここまでか



最後の災厄が始まった

神はモーゼに命じた
「羊殺して自分の家の入り口にその血べったり塗っといてや」
「神、なにを…?」
「印ない家は長男・長女MI☆NA☆GO☆RO☆SHI☆」

聖書史でも五本の指に入る大虐殺の幕開けである
血の印がある家の前を神は過ぎ越し、そうでない家全てで目的を達成した
ファラオの子から牢獄にいる囚人の子まで、全ての家の初子を殺して殺して殺し尽くした

エジプトの全土で悲鳴が上がり始めた
死人の出ない家は無かったからである

事ここに居たり、ファラオはモーゼとアロンを呼び出して言った
「はよ出て行けやぼけえええええええええええええええ」

あらかじめ準備を済ませていたイスラエルの民は立った
立って旅立つ…前に、金とか銀とかを根こそぎ剥ぎとっていった
その数は幼子を別にして、約60万人
全身返り血で真っ赤なゴッドが、ニコニコとその光景を眺めていたかどうかは定かでないが…
ともあれイスラエルの民は脱出を果たす
同時に、エジプトに及んだ災厄も終わりを…告げない



ファラオが追ってきた
ファラオおいファラオファラオおい
恐らくこれも神のなにかしらだろう
陣形の前後を火の柱(made in 神)で守られてる一族とか普通は追いかけない

「後世映画化するシーンが欲しいと思った。かえるとかアブとかブヨとか大量虐殺はグロすぎてだめだったので」
とは神の談

エジプトがー!
突っ込んでー!
イスラエルー!
陸地端ー!
レッツゴーファラオーゥ!
紅海がー!
割れてー!
イスラエルが逃げるー!
エジプトがー!
突っ込んでー!
紅海がー!
戻ってくー!

こうしてエジプトの軍勢は壊滅した
イスラエルの民はエジプト軍の死体が続々と海岸に流れ着くのを見るにつけ、神への信仰心を一層強めたという



こうして430年に及んだイスラエルの奴隷時代は終わりを告げた
30年は誤差
あくまで誤差

(完)出エジプト記 | comment(0) |


2013/05/08 (Wed) 超訳翻案聖書 - 出エジプト記5

モーゼとアロンは頑張った
足繁くファラオの元へ通い、杖を蛇にしてみせたり杖を蛇にしてみせたり杖を蛇にしてみせたりしてみせた
ていうかあんまりネタがなかった

ファラオが鼻で笑ってお抱えの魔術師を呼び、同じ事をせよと命じた
魔術師達は杖を投げ、その杖もまた、蛇となった
なるのかよ!
神特有の奇跡じゃねえのかよ!
エジプトさんサイドの神、太陽神ラーさんやるじゃん!

ヘビたちは戦い始めた

アロン蛇 ◯(0:25 丸呑み)×魔術師蛇

決着はついたが、ファラオは「と、とにかく蛇出すとか誰にでもできるから帰れ!」と言った
エジプト文明恐るべし

それを千里眼的なもので見ていた神がついに立ち上がった
「ファラオめ!やつは我が民の解放を拒んだ!ええい見ておれ!(棒」

こうして、神による壮大な自作自演にハメられたファラオとその民の災難が始まる



・第一の災厄
 世界最古の文明を育て上げたナイル川の水が全て血に変わった
 エジプトは異臭につつまれた

ところがエジプトの魔術師たちも同じ事をしてみせる
「この程度!神、恐れるに足らず!」
ファラオはなんで俺こんな意地張ってんだろ、と考えたがすぐに考えることをやめた

ナイルの水が血に変わり七日が経った
再びモーゼを使い、ファラオの意思を確かめるが、ファラオは解放を拒み続ける
ていうか拒み続けさせられる

・第二の災厄
 エジプト全土でカエルフィーバー

全土がカエルに覆われた
これはなかなか精神的にくる
が、またしてもエジプトマジシャンズが同じ魔術を披露し、ファラオは諦めない
諦められない

・第三の災厄
 カエルに続きブユフェスティバル

痒いとかいう騒ぎじゃない
人にも動物にもブユがたかりまくりの阿鼻叫喚である
エジプトの魔術師も、これは再現叶わず
ここでモーゼが攻勢に出る!
「見たか!お前らにはできない!これこそ神の指!」
ブユ専の神とは一体なんなのか

が、ファラオは諦めない
災厄は続く

・第四の災厄
 あぶ大繁殖

・第五の災厄
 畜類狙い撃ち流行病

・第六の災厄
 全身水ぶくれ

もはや満身創痍のエジプト国民であったが、ファラオは諦めない
神の傀儡と化しているからである

神はモーゼを使い、ファラオとその民に向け言った
「実際には殺すこともできた!でも生かしてある!どや?」と
実情を知るモーゼはぐうの音もでなかったが黙っていた

ファラオはまだ首を縦に振らない
振れない

・第七の災厄
 雹

「神は雷と雹を送り、火が地に走り下るのであった
そして神はエジプトの地に雹を降らせ続けられた
その雹の中で火がきらめいていた
雹はエジプトの全土を、人、獣、草木、樹木を打ち砕いた」

なんともはや清々しいまでの奇跡(物理)である
氷属性たる雹に火を加え、エターナルフォースブリザードを顕現させるあたりやはり神
エジプト国民は死ぬ

しかしファラオ、まだYESと言わせてもらえない
血の涙を流しながらNOを突きつける

・第八の災厄
 いなご

天を覆い明るさがなくなるほどにいなごが群れてやってきて、全てを食い尽くした
緑のものはなにも残らなかった

だがファラオは…ファラオは…もういい!ファラオ!休め!

・第九の災厄
 闇

ただの暗闇だが、エジプトの神は太陽神
しかもエジプトは三日三晩真っ暗で、イスラエルの宿地部分だけは煌々と明るいのである
つまりそういうことだ
今風に言えば、死体蹴りというやつである

(完)出エジプト記 | comment(0) |


| TOP | next >>

ブログ内検索

Loading

最新記事

最新コメント

種別

aaaaaaaaaaaaaaa

CPU:Intel Corei7 3770 3.40GHz 8MB (LGA1155)
CPU FAN:MUGEN3 Rev.B(SCMG-3100)
GPU:ASUS GTX680-DC2O-2GD5 2GB
MEM:PC3-12800 DDR3-1600 1600MHz*2
SSD:Intel 520 Series SSDSC2CW120A3K5 120GB SSD S-ATA3
HDD:TOSHIBA DT01ACA100 1TB S-ATA3 32MB
M/B:ASRock Z77 Pro4J
Case:CoolerMaster CM690ⅡPlusRev.2 BK(RC-692P-KKN5-JP)
PS:SilverStone SST-ST85F-G-E 850W 80PLUS GOLD
OS:Windows7 Professional 64bit


CPU:Intel Corei7 2700k OC3.9GHz 8MB(LGA1155)
CPU FAN:MUGEN3 Rev.B(SCMG-3100)
GPU:GTX650TI-DC2O-1GD5 1GB
MEM:Avexir AVD3U13330904G-2MW*2(4GB*4)16GB PC3-10600 DDR3-1333 1333MHz
HDD:HITACHI HDS721010DLE630 1TB S-ATA3 32MB
M/B:ASRock B3 P67 Pro3
Case:CoolerMaster CM690ⅡPlusRev.2 BK(RC-692P-KKN5-JP)
PS:SILVERSTONE SST-ST85F-P 850W +0.005V
OS:Windows7 Professional 64bit


Razer Naga 2014
Logicool G13
ダーマポイントDRTCM12

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。